ウールの生地が一押し【冬に重宝される天然繊維】

最新記事一覧

裁縫道具

おすすめの購入方法

ウールは洋服だけでなく雑貨や小物作りをするのにも向いています。ウールは生地店だけでなく、生地の通販サイトを使って購入することも出来ます。通販なら店舗に足を運ばずに欲しいウールが注文出来るので便利です。

詳しく見る

裁縫

羊毛製品選びの注意点

ウール素材の寝具を選ぶ際は、羊毛100パーセントなのか、化学繊維が入っているのかを調べて購入しましょう。羊毛のストールを買う時は、なるべく薄手の生地のものを選ぶと、首回りがチクチクしません。羊毛100パーセントでも、ウールマーク・カンパニーの基準を満たしてないと、製品にウールマークがつきません。

詳しく見る

ファッション

冬はあたたかい服が着たい

ウールの生地は、あたたかみがあるだけでなく、静電気に強く、抗菌・消臭効果も気合できます。また、コートやセーターなどを作成した際には、残った生地でブローチやコサージュなどの小物まで一緒に作ることができます。

詳しく見る

暖かくて軽い天然素材

ウール

冬に活躍する一着

羊から取れる「ウール生地」は軽くて暖かく、よく冬に重宝される天然繊維の一つです。ウールという名称が一般的ですが、正確にはメリノ種と呼ばれる羊毛で特に世界最大の羊毛生産国であるオーストラリアやニュージーランドで取れる場合が多いです。ウールの生地は空気をたくさん含んで織られるので、暖かく感じられるのが最大の特徴です。細くても、ざっくりとした織りでもセーターなどのデザインはおすすめです。細い織りのウールのセーターはフォーマルな場やきちんとした場にも着て行けますし、ざっくりとした織りのウールのセーターはカジュアルに着こなせるので、年齢層やTPOに合わせて着こなしの幅を広げられます。セーターやコートだけでなく、マフラーや手袋にもウールの生地が使われていることが多く、発色が良いのが特徴なので、染色もしやすく、ヨーロッパ伝統のタータンチェックなどの生地は昔からウールの生地を使って作られてきました。また、ウール生地には動物性の毛なので撥水性に優れています。綿の生地と違って染み込んだりしないので、水溶性の雨などの水滴や泥がついてもはじいてくれます。そして、ポリエステルなどの化繊の生地と違い、ウールは100%羊毛から出来ているので、地球環境にも優しく、タンパク質から出来ているので廃棄の際にも微生物によって分解され土に戻ります。お手入れは綿などの衣類のように通常の洗濯ではなく、中性洗剤などを使ってぬるま湯であまり時間をかけずに洗濯すると良いでしょう。

ウール

高級洋品に使用される服地

高級衣料の生地に使用されるウールには羊毛の他にカシミヤやアルパカ、モヘヤなどがあります。軽くて暖かい特徴を持ちますが、水洗いに適さず取り扱いが難しい点が問題としてあります。最近では自宅で洗えるウールも多く、専用洗剤も販売されています。

詳しく見る

手芸用品

安く購入する方法

ウール生地を安く買いたいなら、インターネット通販を利用しておくと良いでしょう。加えて、まとめ買いをすると割安になる場合が多いです。ただし、値段だけで決めるのではなく、返品できる、あるいは裁縫用品がつくサービスがあるなど、総合的に見て判断したいです。

詳しく見る